新着情報news

ブログ

今月の藤和人 vol.8 工務課Kさん

こんにちは!
今回の藤和人は、長年三鷹工場で活躍し、今年満を持して三鷹工場から戸田工場へ移動となった工務課のKさんです。
工務の様々な業務を受け持ってくれているKさんに、同じく工務課のSがインタビューしました。

宜しくお願いします!

S: 入社何年目ですか?
K: 13年目です。

S: 入社のきっかけは何ですか?
K: 印刷業界に興味をもって探し始めた時たまたま見かけました。

S: 今は藤和の中でどのような仕事をしていますか?
K: 主に印刷物を出荷する時の札紙やラベルの作成や、翌日の出荷伝票の準備、入出荷の対応、電話応対などをしています。

S: 三鷹工場と戸田工場を経験してどんなところが違いますか?
K: 三鷹工場の印刷物は、加工所への移動や加工後の納品まで係るものが多く、それに伴う作業が常時ありました。また、発送も行っていたのでそのやりとりがありました。
戸田工場は24時間稼働しているので、忙しくなればなるほど工務の作業も増えていき、特に夕方以降の飛び込み案件などもあるので三鷹工場とはまた違った忙しさがあります。

S: 今まで工務としていろいろな仕事をしてきたと思いますが、特に大変だった事は何ですか?
K: 発送の集荷の締め切り時間が過ぎた後で、発送が発生し、右往左往したことですね(笑)車を探して拠点に直接持って行ったり、空港まで持ち込んだこともありました。

S: 逆に工務の仕事をしてきて嬉しかったことはなんですが?
K: 工務は印刷した刷り物の最終的な納品まで関わっているので、その納品までの過程で作業所のちょっとした間違いや抜けを拾い上げて納品のトラブルを防ぐことができたときは少し嬉しかったりします。ただ、まだ大きい間違いを見つけたことはありませんが…。

ありがとうございました!

これからも、藤和の縁の下の力持ち的なマルチプレーヤーとして頑張って下さい!

今後も弊社の個性豊かな社員や仕事内容を紹介していきたいと思います。是非またご覧くださいね!

一覧へ戻る

24時間360日印刷機稼動。
藤和ならどんなデータでも対応できます。

お見積もりや印刷に関する質問などございましたら、
まずはお気軽にお問い合わせください。