新着情報news

ブログ

通常のカラー印刷に蛍光ピンクインキを追加する表現方法

皆さんは、印刷物を作った時に
「もう少し人物に透明感がほしい」
「明るさだけじゃなくて印象としてフレッシュに見せたい」
と、通常の印刷よりもクリアなニュアンスが欲しいと思ったことはありませんか?

そこで、おすすめの印刷表現は、”通常のカラー印刷に蛍光ピンク(KP)の特色を重ねる印刷”です。
実は、本の表紙や、人肌がメインの広告などで使われていたりするんですよ!

 

今回は、蛍光ピンクの重ね方について、2パターンご紹介します!

CMYK+蛍光ピンク(計5色)で印刷する

まず、CMYK+蛍光ピンクの計5色で印刷する方法があります。
M(マゼンタ)の濃度を下げて、その分蛍光ピンクを重ねてクリアな赤みを補うことで、CMYKだけで印刷したものより透明感が出ます。

 

 

通常のCMYKでは出せないニュアンスが表現出来るので、実際に蛍光ピンクでの印刷をご注文いただいたお客様からは大変好評をいただいており、弊社としてもお客様のイメージをより細かく再現したい気持ちがありますので、是非トライして欲しいと思う表現方法です。

 

CYKM抜き)+蛍光ピンク(計4色)で印刷する

もう一つは、元画像のM蛍光ピンクに置き換えて4色で印刷する方法です。

 

M版をクリアな色味の蛍光ピンクに丸々差し替えることで、フレッシュさを演出できます。

注)蛍光ピンクは、マゼンタと比べて、インキの色味はクリアですが薄い印象になります。

 

画像はあくまでイメージですが、下の画像で比較するとこんな感じです。

左の「通常のCMYK印刷」に対して、Mを下げた中央の「CMYK+KP」はくすみが減り、
Mをカットした右の「CYK+KP」は更に透明感が増した印象というところでしょうか。

 

どちらの方法も、蛍光ピンクのバランスを確認していただきたいので、本機校正での色校正を推奨しています。
ちなみに、特色を使用するため、少しだけコストが上がりますが、その分他の印刷物と差をつけることができると思います!
今回は印刷物の写真や画像の“映え”を支える蛍光ピンクを使った印刷をご紹介しました。
もし気になりましたらお気軽にお問い合わせください!

 

注)刷り順によって色調は変化します
注)CMYK+KPの印刷では、モアレの発生に注意が必要です
注)どの印刷方法に関しても、本機校正を取ることを推奨しています

 

 

◎印刷のお問い合わせはホームページ問い合わせフォーム
もしくは下記電話番号までお気軽にご連絡ください!

―三鷹、吉祥寺・新宿区神楽坂・埼玉県戸田市で印刷会社をお探しなら―
株式会社 藤和
TEL:03-5228-2351(藤和 営業部)

オンライン印刷相談窓口【 P-TEAM 】始動!

オンラインでの打ち合わせをご希望の方はお気軽に こちら よりご予約ください。

一覧へ戻る

24時間360日印刷機稼動。
藤和ならどんなデータでも対応できます。

お見積もりや印刷に関する質問などございましたら、
まずはお気軽にお問い合わせください。